クラウドPBXを既存の電話番号で構築する場合の方法や注意点を紹介しています。

既存番号を変更せずに利用できるクラウドPBX。但し一部例外も

MENU

現在の電話番号を利用する

 

クラウドPBXに興味はあるけど、現在利用している電話番号が変わってしまうと問題があると懸念する人も多いです。

 

すでに既存顧客がいるビジネスでは、客に伝えている電話番号が変わるのは大きなデメリットとなります。

 

客先に電話番号を伝えるだけではなく、既存のホームページや名刺の内容も変更が必要となり、
クラウドPBXなどの通信インフラ費用の経費もかかってしまいます

 

ここでは、既存の電話番号をそのまま使用してクラウドPBXを導入する場合の説明をします。

 

 

携帯電話・スマートフォンは既存の番号を活かして併用利用可能

 

携帯電話やスマートフォンでクラウドPBXから固定回線の番号を使う場合は、
既存の携帯電話の番号を活かして、固定電話の番号を使い分ける事が可能です。

 

クラウドPBXは状況によっては、固定電話専用端末を設置しなくても、携帯電話やスマートフォンで固定回線の電話番号を持つ事ができます。

 

ただし、既存の携帯電話やスマートフォンの利用だけで固定番号を取得する場合は、既存の携帯電話番号を残して、新規に固定番号を取得する事が一般的です。

 

既に利用している固定電話の番号を使いたい場合については、次の項目で紹介しています。

 

 

 

既存の固定電話の番号を利用する場合

 

原則既存固定電話番号は利用可能

既存の固定回線の電話番号を活かしてクラウドPBXを利用する事は原則可能となります。
あくまでも原則で、中には既存の電話番号ではクラウドPBXを構築できないケースもあります

 

既存端末が利用できない代表事例は以下の2点があります。

 

  • 固定回線の電話契約がNTT東日本、西日本以外の場合
  • 既存の電話回線がIP電話に対応していない場合

 

基本的には、ほとんどのケースでは、何かしらの方法で既存番号を活かしたクラウドPBXの利用が可能です。

 

既存回線と導入するクラウドPBXの業者には相性があります。

 

既存回線がNTTの場合は、NTT系列の会社やNTT系を得意としている業者を利用するとよく、auやケーブルテレビなどを導入している場合は、KDDI系列やKDDIに強いクラウドPBXを利用すると、既存回線の使用がスムーズになったり、コストが抑えられるケースがります。

 

 

 

 

既存回線を利用してクラウドPBXを利用すると初期費用が高くなる

びっくりしている女性

 

既存回線の環境や新規で導入するクラウドPBXの業者によって変わってきますが、全般的に新規で固定電話の番号を取得しなおすよりも、既存の電話番号を使用してクラウドPBXを構築した方がコストがかかるケースがあります。

 

具体的な導入コストについては、通常の新規番号の取得と同様、初期費用1万円程度で構築できるケースもあれば、既存の通信回線や構築するクラウドPBXの規模(内線数)などによっては数万円~数十万円の初期費用が発生する場合もあります。

 

既存の回線を利用しなければいけない場合は、まずはその地域を担当している業者に連絡して、見積もりなどを取ってもらうようにすると良いでしょう。

 

 

 

 

既存の番号を残して新規番号を取得する事も可能

 

クラウドPBXは、要望に応じて複数の電話番号を取得できるメリットがあります。

 

既存の電話番号を活かしつつ、必要に応じて「03」番号や「0120」番号などを取得して併用使用する事も可能です。

 

この場合、既存の電話番号もクラウドPBXに入れて共有できる環境を作る場合は、上記で紹介している既存番号でクラウドPBXを構築する流れと同じになります。

 

既存の電話番号は、代表や担当の事務だけが応対するように残して、新しい電話番号でクラウドPBXを構築するといった方法もあります。

 

この場合の導入コストは新規で回線を繋ぐ場合と同じになります。

 

料金相場の目安については「クラウドPBXの料金相場」のページでも紹介しています。

 

 

 

詳細はコチラボタン