KDDIのクラウドPBXは便利な機能が多く付いていることが特徴的です。

KDDIのクラウドPBXサービスの特徴-利用するメリットとは

MENU

KDDIのクラウドPBXを紹介

 

AUでお馴染みのKDDIですが、最近は法人向けのサービスとして「クラウドPBX」の提供もスタートさせています。
KDDIのクラウドPBXサービスでは企業のオフィスに設置された固定電話の番号に対する発着信をスマートフォンに転送できる基本的な機能の他にもビデオ会議グループウエアウェブアドレス帳といった便利な機能を数多く取り揃えています。

 

KDDIのクラウドPBXは特別な通信設備を設置する事なくクラウド型で提供するサービスなので「PBX設備」や「関連通信機器」、「内線電話機」のような固定資産はオフィスで不要となります。

 

スーツ姿の女性

 

また、面倒な管理や保守などもすべてKDDI側が行ってくれる為、作業効率を大幅にアップさせる事が可能となります。

 

KDDIのクラウドPBXでは携帯電話やスマートフォンに専用のアプリケーションをインストールすれば簡単に内線端末として利用する事が出来ます。

 

そのため、社員一人一人に社用携帯電話を支給する必要が無くなり、社員が個人で所有している端末を社用の内線端末として利用する事でトータルコストを大幅に削減する事が出来るようになります。

 

 

 

KDDIのクラウドPBXを利用するメリット

 

今話題のKDDIのクラウドPBXを利用すれば企業側は多くのメリットを得ることが出来ます。
たとえばオフィスでKDDIのクラウドPBXのサービスを利用すれば携帯電話やスマートフォンさえあればどこでも内線通話が出来ますし、電話の取次ぎに時間を要する事なく作業効率をアップさせる事が出来るというメリットがあります。

 

また、KDDIのクラウドPBXの音声ガイダンス機能を利用する事によって顧客からの電話に対応するための人員が不要となり、人権費などのコストも削減する事が出来ます。
さらにKDDIのクラウドPBXの「ビデオ会議サービスを活用すれば、たとえ社員がどこに居ても場所に縛られる事なく打ち合わせや会議が行えるという利点もあります。

 

 

 

詳細はコチラボタン