NTTコムは外出先でも内線通話が可能!その他のメリットも紹介します。

NTTコムのクラウドPBXの特徴-主に活躍する利用シーン

MENU

NTTコムのクラウドPBXに関する知識

 

PBC(事業継続計画)の観点から今では中小企業の間でもクラウドPBXの利用が常識となりつつありますが、数あるクラウドPBXの中でも「NTTコムのクラウドPBX」は特に高い支持を集めています。
NTTコムのクラウドPBXはオフィスに設置した固定電話への発着信をいつでもお手持ちの携帯電話やスマートフォンに転送する事が出来るサービスです。

 

スマホ操作

そのため、NTTコムのクラウドPBXアプリケーションを各従業員の携帯電話やスマートフォンにインストールするだけでいつでも内線電話として使用する事が出来ます。

 

NTTコムのクラウドPBXを利用すると社員が個人的に所有する携帯電話やスマートフォンでも簡単に内線化できるため、社内通信に掛かるコストを大幅に抑える事が可能となります。

 

また、オフィス内だけでなく外出先でも電波さえあれば無料で内線通話が出来るため、通話料に掛かるコスト抑制にも繋げることが出来ます。
NTTコムのクラウドPBXはオフィスの通信設備をクラウド化して利用するので、特別な通信設備を設置する事なく利用する事が出来る点も大きな特徴となっています。

 

 

NTTコムのクラウドPBXの利用シーン

 

NTTコムのクラウドPBXは非常に便利なサービスとして多くの企業から高い支持を集めていますが、工夫次第で多くのシーンに活用する事が出来ます。

 

NTTコムのクラウドPBXの代表的な利用シーンとしては「オフィス内での内線」や「外出先での電話対応」などが挙げられます。
NTTコムのクラウドPBXでは携帯電話やスマートフォンにアプリケーションをインストールするだけで簡単に内線端末として利用する事が出来る為、携帯電話やスマートフォンを所持している従業員がたとえ外出していても内線通話が可能になります。
NTTコムではPBXをクラウド化することによってPBXやビジネスフォンなどを設置する手間やコストを大幅に省く事に成功しています。

 

そのため、NTTコムのクラウドPBXを利用する事によってこれまで企業の負担となっていた通信設備や保守に掛かるコストを大幅に削減し、設備の設置に要していたオフィススペースを有効に活用できるようになります。

 

 

 

詳細はコチラボタン